お金を借りる理由

当日融資

消費者金融

お金を借りる理由

消費者の人たちが貸金業から利息を支払ってまでお金を借りるからには、何らかの理由が存在します。今必要なお金が無いから借りるのが最大の理由ですが、なぜお金が無いのかを考えてみたいと思います。

消費者金融からお金を借りる理由は、多重債務者と一般のサラリーマン金融の利用者では若干異なってきます。借入件数が4件以上の多重債務者の場合、お金を借りるで一番多いのは借金返済のためです。

サラ金業者一覧

つまり、借金の返済を借金でするという、いわゆる自転車操業です。次に多いのが、リストラや給料の減少で必要なお金がなくなったことによる借入です。

0

一方で事業者団体である消費者金融連絡会の調査によると、消費者金融の利用同期について最も多かったのが、借金や生活費の補填、次に交際費やレジャー、遊興費、娯楽費などです。

生活費への必要経費とはいえない項目が多々含まれています。遊興費や娯楽費などは自己破産として成立しないことから、これらの理由でお金を借りることは控えたいものです。

こういった理由で簡単にキャッシングをしてしまうことは消費者の心の甘さもありますが、手軽に借り入れを誘発する消費者金融会社やクレジットカード会社にも問題があることは、論を俟たないことでしょう。

0

突発的な要因で必要に迫られてのキャッシングは致し方ないと思いますが、交際費や旅行、レジャー、娯楽費などは貸金業からお金を借りてまでするような事項ではないでしょう。確かに個人事業主の場合、交際費は必要経費として認められる場合がありますが、本来なら厳しく自己規制をしなければならないはずです。

無駄なお金を借りないようにするには、欲しい物があっても我慢をする、見栄を張らない、無計画に買い物やギャンブルに走らない、付き合いや博打に誘われても断ることです。自分の煩悩をコントロールできる精神を養うことが重要です。

借入先の選択

お金を借りるにあたっては、借入先を選ぶ必要があります。どこでも貸してくれるとこならいいと考えるのは大きな誤りで、同じキャッシングをするなら少しでも有利な消費者金融を選ぶべきです。まず第一に比較することは、金利です。

金利は低ければ低いほど借りる側にとっては有利となります。わずか0.1%でも年間にすると大きな差になりますので、少しでも低い金利で貸し出している業者を選択しましょう。

審査に通るという仮定で話をすると、一番金利が低いのは銀行系消費者金融です。まずは銀行系消費者金融から当たってみましょう。アコムやプロミスといった消費者金融は銀行系ですので、低金利で借りやすくなっています。

また、こういった銀行系ローン会社は一定期間利息のつかない無利息ローンや、女性向けのレディースローンといった金融商品を備えていますので、消費者にとっては大変魅力のある金融業者といえるでしょう。